Pumpkin Scissors(10)ポップで賑やかな展開

表紙からもうかがえますが、前回までのしんみりとした雰囲気から一転して、ポップで賑やかな展開が繰り広げられています。
今回の舞台は、オーランド伍長の故郷「0番地区」です。オーランド伍長の過去につながるエピソードが語られます。魅力的な新キャラクターもたくさん登場し、今後の新展開に期待が膨らみます。
ストーリーも、帝国の内政事情に掘り下げた内容になり、戦災復興というテーマが深められていきます。
また、前回で吹っ切れたオーランド伍長に対し、アリス少尉が戦災復興にたいして思い悩み始めてしまいます。
帝国は、西方諸国連盟(ネビュロ)合会議が近づく中、自国の体裁を保つため、汚点である「0番地区」の掃討に乗り出します。ついに始まった新章も目の放せない展開が期待できそうです。

2015年05月05日