学校の通学路で不審者に遭遇した事件。

私は高校3年の夏に、不審者に遭遇しました。私の通っていた学校の近くは、不審者がよく現れる地域で有名でした。私はその日、寝坊をしてしまい学校に遅刻しそうだったので、いつも通らない道を通りました。その道は朝も人通りが少なく、静かな道です。急いで走っていると、一人の男性に声をかけられました。「道に迷っているので、案内してくれませんか」と言われました。私は困っている人を放っておけないので、一緒に地図を広げながら途中まで道を案内しました。そしてホテルの前まで着くと「お嬢さんを撮影したいからホテルに一緒に入ってくれませんか」と言われました。私はすぐに逃げようとしたのですが、腕をつかまれて、軽く殴られました。私は痛いと叫んだのですが、手を離してくれなくてジタバタしていると、運よく友達が通りかかって、その男の手を振り払ってくれました。そのまま友達と泣きながら学校にダッシュして、担任の先生に殴られたこともすべて正直に話しました。その男は逃走していて、名前を分からないままだったのですが、先生が警察に通報してくれました。これからは気をつけなさいと説教されました。危機一髪の出来事でした。もし友達が通りかかっていなかったらと思うと今でもゾッとします。

2016年11月15日