自転車に乗った痴漢男

夕方学校の帰り道、歩いていると後ろから自転車に乗った男が追い越しざまに胸からおしりを撫でるように触って去って行きました。
悲鳴をあげると、近くの食堂から何人か人が出てきて話を聞いてくれて、警察を呼んでくれました。
数日後、警察から電話がかかってきて犯人らしき人が捕まったから確認してほしいと言われました。
出向いて5枚ほど写真を見せられました。
それぞれ違う人物の写真でどれが犯人か聞かれました。追い越しざまだったので私は後ろ姿しか見ていませんでしたが、
体格がよく短髪なのでこの人かな…と一枚の写真を指を差したら、警察の方が、
「この人が捕まりました」と言いました?
私に痴漢をした後、別の人を押し倒して捕まったそうです。それが私だったら…と考え背筋が凍る思いでした。
数日後、弁護士を名乗る人から電話がかかってきました。それは痴漢行為の示談交渉の件でした。示談金10万円と言われましたが、
このような行為をお金で解決するなんて不快、かつ憤りを感じました。また仕事に就いていない実家暮らしだと警察の方が言っていたので、親が弁護士をつけて息子の罪をお金で解決しようとしているのかと思いました。お金でなかった事にすれば、この男はまた同じ事を繰り返すだろうと思います。私と同じように恐ろしい思いをする女性を思うとこの男はきちんと社会的制裁を受け、反省すべきだと思いもちろん即断りました。

2016年07月06日