ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

MOONLIGHT MILE(9)  月のサスペンス

月でのサスペンスは、緊張感を増しながら続きます。吾郎たちは、テロリスト・カトーにより仕掛けられた時限爆弾と共に、トマト栽培棟に閉じ込められていました。他の隊員はカトーの扇動により暴動状態に陥り、月面基地はまさに大混乱。騒ぎに乗じたカトーは、破壊工作の本当のターゲットへと向かいます。テロリストの真の目的……それは、アメリカが保有する宇宙軍を、公の場に晒すことだったのです。そして、一つの時代が終わり、新たなる戦いの舞台の幕が上がります。空気が存在しない、真空の世界という極限の地で起こる事件は、まるで映画のようなアクションサスペンス。それぞれの守るべきものを背負い、男たちは困難に向かいます。涙なしには読めない、熱い一冊です。
ムーンチャイルド・歩は、謎の組織に人質として囚われてしまいます。組織は、月の地下労働者を開放する目的を持つ「月移民者解放戦線」。彼らは歩を連れ、月面地価の居住区であるファベーラへと向かいます。徹底的に管理され清潔に保たれていた表世界しか見たことのなかった歩ですが、ここで初めて汚れた「裏の世界」を知ることとなりました。進化した遠隔操作型ロボット・ガーディアンに、仮想世界でしか話すことのできなくなったロストマン。そして謎の人物であるレディ・ファントム……物語は近未来から未来世界へ移行しましたが、決して現実離れしたわけでなくそう遠くはない未来の物語として楽しむことができます。SFファンにおすすめです。

2015年11月19日

MOONLIGHT MILE(18)「人類初」のムーンチャイルド

「人類初」のムーンチャイルド。つまり、生まれた瞬間から、人々の注目を集めるということ。歩は世界中から観察される毎日を送っています。そのころ月は、インドとパキスタンによる核戦争の被害を受けていない唯一の「国」として、大量の難民を地球から受け入れていました。宇宙飛行士だけでなく、一般人が住み始めたことにより、基地は大きくなっていきます。歩は地球からやってきた子供たちからいじめを受けることに。でも、月で生まれ育った子供たちにとって、彼は一番のお兄さんで多くの弟や妹に囲まれていました。歩も普通の子供の一人なのですね。しかし、ムーンチャイルド一号として、歩は本格的に政治に利用され始めるのです。そしてついに、「あの人物」が帰ってきます! 新たな展開に次の巻も目が離せません。

2015年10月01日

MOONLIGHT MILE(17)核保有国であるパキスタン

核保有国であるパキスタンの反政府過激派による、人類史上初のスペースジャックが行われる、というところからこの巻は始まります。彼らはインドの衛星・チャンドラヤーンを破壊し、インド・パキスタンの核戦争の火蓋は切って落とされることになりました。2025年になろうと、人間は変わっていなかったのです。数年後の月面都市では、成長した吾郎の息子・歩が地球に想いを馳せていました。ですが、月で生まれ育った彼は、月の6倍の重力である地球では生きることが出来ません。月から出ることの出来ない歩は、どんな風に成長するのか、そして地球へと降りることが出来るのでしょうか。物語のバトンは次の世代へと繋がれました。新しい月面世界の物語の続きが気になって仕方ありません。

2017年02月05日

MOONLIGHT MILE(16)月面にて息子との対面

吾郎は、ついに月面にて息子との対面を果たします。「こんな小さな命が星よりも重く感じるなんて」という吾郎のセリフはなんとも感動的で、彼が本当に父親となったのだという実感を与えてくれます。一方で、ロストマンは命の危機に瀕していました。政敵のゲンズブールの手によって計画された、暗殺計画。事故に見せかけるため、ロストマンが乗った高速艇を裏工作を行った上で爆破したのです。吾郎との対比が、場面の緊張感を盛り立てます。果たして、ロストマンの運命は……? 同じ夢を追った二人の男の物語は最終章へと向かい、そして新たな世代へと受け継がれていきます。10年後の月面。そこに立っているのは少年へと成長した吾郎の息子・歩です。彼は一体、どんな運命を辿るのでしょうか。次の巻が待ち遠しいラストです。

2017年02月05日

Pumpkin Scissors(14)戦車の父コルトゥ博士の語る「カウプラン文明」

今回の見せ場は、なんといっても戦車の父コルトゥ博士の語る「カウプラン文明」だと思います。
論理的な面白さここに極まる!といった感じです。
合同会議が粛々と進められる中、各国の威厳と本心が絶え間なく交差し、その中でカウプランの特許が議題にあげられます。そして、カウプランの技術の成り立ちと弊害が明かされます。
今回戦闘シーンは控えめのため、アリス少尉とオーランド伍長は少なめですが、戦災復興の意義と援助継続の必要性を主張するアリス少尉のスピーチに含まれる「陸情3課は民の道具であっても、民の味方ではない」という揺ぎ無い持論に、彼女の成長が伺えます。
そして、抗帝国軍(アンチアレス)が凶器を帯び蜂起します。怒涛の展開に流れ込む期待感がたまりません。
前巻に引き続き、何が起こるかわからない怖さがひしひしと感じられます。
各人の思いはとめどなく流れ、かくして西方諸国同盟(ネビュロ)合同会議が開催されます。
今回、新キャラクターが多く登場しますが、強烈なキャラクターの女性が目立ちます。
巨大な陰謀がじわじわと迫りくる予感を感じさせる新しい敵組織の登場に、秘密結社「銀の車輪」も暗躍、さらに軍部内の権力闘争に加えカウプラン・・・いくつもの組織が複雑に絡み合った展開になっています。
国家間の闘争をはじめ、国内政治闘争、情報部レベルでの攻防、陸情3課内での問題などなど、話題てんこ盛りの今回、どんどん話が膨らんでいき、どう決着が着いてゆくのか想像がつきません。
いつも大変なオーランド伍長ですが、今回は特に大変なことになってしまっています。

2015年03月01日
» 続きを読む